トップページ

食育とは


食育とは、様々な経験を通じて、食に関する知識と食を選択する力を習得し、健全な食生活を実践することが出来る人間を育てることです。
国民一人一人が、生涯を通じた健全な食生活の実現、食文化の継承、健康の確保等が図れるよう、自らの食について考える習慣や食に関する様々な知識と食を選択する判断力を楽しく身に付けるための学習等の取組みを指します。
2005年に成立した「食育基本法」では、生きるための基本的な知識であり、知識の教育、道徳教育、体育教育の基礎となるべきもの、と位置づけられています。
単なる料理教育ではなく食に対する心構えや栄養学、伝統的な食文化、食ができるまでの第一次産業についての総合的な教育のことです。
この言葉を造語した石塚左玄は、食品の与える影響に関する独自の説によって、子どもに食べさせる食品の影響によって子どもの心身を養うという意味で用いました。               〜 Wikipediaより引用 〜

・料理を作る力
・良い食材を選ぶ力
・食材の命を感じる力(生命・自然環境を感じる力)
・味覚力
・自分の体の健康を感じる力
を養うことが重要です!

直ぐに食べられる惣菜や、ジャンクフード、添加物を含む合成食品、日本人の食文化も崩れかけています!
親も子供も「食の安全」に目を向け、食育の精神を身に付けていきたいものです!


有機栽培の新鮮野菜





有機野菜セット宅配
野菜の買物いらず!主婦大助かり♪